近況報告(2016年度小堤杯・今後の予定)


慶應義塾大学理工学部體育會少林寺拳法部44代の渡辺眞成です。
先週の金曜日12/16に小堤杯並びに後期納会が行われましたのでご報告いたします。

小堤杯では46代が単独演武を行い、その後組演武の発表を行いました。
組演武では各組が3フレーズ目に個性的な演武(?)を行い大変盛り上がりました。
 小堤杯の結果といたしましては
単独演武の部
1位 相澤
2位 苅田
3位 枝川

組演武の部
1位 治山 宮本
2位 松浦 相澤
同率3位 大森 藤田
同率3位 小寺 足立

となりました。
 演武後に監督からお言葉をいただきましたが、一部少林寺拳法から逸脱しすぎていたとのご注意がありましたので来年からは気を付けます。小堤杯の後、最後に108本突き蹴りを行い本年度の練習を締めくくりました。

 この練習をもちまして44代が首座をとる通常練習は終了となり、来年からは45代が首座をとります。自分たち44代の引退も近づき、残された時間は短いですができる限りのことを残せていけたらと思っております。来年度の活動予定につきましては、春合宿を2/10~14に行うことは決定しているのですが、練習開始日はまだ未定ですので決まり次第こちらに追記させていただきます。
 また、この報告をもちましてブログの更新・報告も自分の役割は終了となり、次の広報担当者に引き継ぐことになります。
一年間の間、拙いご報告ではありましたがご閲覧いただきましたこと御礼申し上げます。
以上でご報告を終えさせていただきます。

<追記>
春練の予定が決定致しましたのでご連絡させて頂きます。
春合宿前の練習は2月6日と7日の午前10時から行う事が決定致しました。

慶應義塾大学理工学部體育會少林寺拳法部44代
渡辺眞成

blog

QR